サインを見逃さない

ボルトと木材

マイホームを所有している方にとって修繕の問題は避けて通れません。
今回、修繕の中でも外壁塗装についての話をしたいと思います。
外壁塗装は一般的に施工費用が高くつきます。
その為塗装を全く行わないで済まそうとする人や、ついつい先延ばしにしてしまう人もいるでしょう。
しかし、外壁塗装を先送りにすべきではありません。
外壁塗装は美観を保つという目的もありますが、一番の目的は建物を防水して寿命を延ばす事にあります。
塗装をせずに放置していると壁から雨水が入り込み下地の柱を腐らせたり、白アリの発生原因となる等の深刻な被害が起こります。
こうなってしまうと修繕費は更に膨らむでしょう。
ですから、先延ばしにせず適切なタイミングに工事をする事が必要です。

外壁塗装業界は、現在でも塗料の改良等が行われています。
塗料に関して言えば、以前はアクリル性の塗料が主流でした。
しかし、近年ではウレタンやシリコン、フッ素加工性の塗料が流通する様になりました。
これらの塗料は耐久性に優れています。
中でもフッ素加工の塗料は条件が良ければ10年以上の耐久性があると言われています。
また、最近では意匠性サイディングと呼ばれるデザイン性の高い模様付きの外壁が増えてきました。
この様な外壁には、デザイン性を損なわずに塗装を行うクリア塗装と呼ばれる施工法が使われています。
しかし、外壁の状態が良くないとクリア塗装が出来ないという欠点があります。
そういった意味でも早い段階で塗装を行う事が重用です。
後悔しないよう早めの外壁塗装を検討しましょう。