外部の刺激

鉄筋とクレーン

間取りを変更したり、絨毯の部屋をフローリングに張り替えたり、階段に手すりをつけたりといったリフォームはインテリアを対象にしたリフォーム工事となります。
住宅のリフォームはこれとは別にエクステリアにおいても行うことができます。
そしてエクステリアのリフォーム工事は、住宅の機能や外観に大きな影響を与えるため、目的に合わせてしっかりと行うことで多くの恩恵を得ることができます。
例えば外壁塗装のリフォームもその1つです。
古くなって塗装が剥げたり、水垢や苔が付着していたり、あるいは外壁そのものがヒビ割れているような住宅でも外壁塗装によるリフォーム工事を施すことで、見た目も美しくなりますし、それと同時に風雨や湿気の侵入による住宅の劣化も防げるようになります。

国内でエクステリアリフォームや住宅新築において使われている住宅塗料は、数種類ありそれぞれが優れた点を有しています。
このため外壁塗装の時にはそれぞれの塗料の特徴を知ってから、業者のアドバイスを元に決めるのが最適な選び方です。
それぞれの塗料の特徴を挙げていくと、アクリル系塗料は価格の安さが強みとなります。
ウレタン系塗料はこちらも価格がアクリル系の次に安く、耐用年数も10年程度あり、アクリル系塗料よりも長くなっています。
シリコン系塗料は最も広く住宅塗料において用いられており、耐久性をはじめとした耐性の良さと価格のバランスの良さが優れています。
遮熱系塗料や光触媒塗料は高価ですが、遮熱性や防汚性など耐性の優秀さと耐久年数が共に20年ほどあるのが優れている点です。