外壁塗装を行なうことによって、住宅の壁を外部の刺激から守ることができます。しかしそう言われても外部の刺激とは何かとピンと来ないでしょう。塗装の効果を知るためには、外部の影響について把握しておきましょう。

定期的に塗り替えリフォームが必要な外壁塗装には、劣化をアピールするサインがあります。この劣化のサインには、クラックやチョーキングを始めた様々な症状があり、それらのサインを見逃さないことが大切です。

外壁塗装の中には、自然の力を有効活用することができる特殊な塗料があります。この塗料を使用することによって、雨や風の力を利用して自動洗浄することができます。キレイさを保つには最適です。

外壁塗装の乗り換えリフォームは、塗装の状態によって大きく変わってきます。リフォーム業者に、現在の劣化状態を調べてもらうことによって、どの程度の規模で塗り替えを行なうことができるのかが分かります。

キレイに整理される外壁

塗装工法の違い

ガッツポーズの作業員

住宅を守るためには、外壁の状態を維持することが必要になってきます。
外壁の状態を守りたいと考えているのであれば、定期的にメンテナンスを行なうようにしましょう。
このメンテナンスとして、外壁塗装の塗り替えリフォームが挙げられます。
定期的に状態を確認してメンテナンスを行なうことによって、外壁の状態を長い間維持することが可能なのです。
塗り替えリフォームを行なう際は、塗装の種類を選択する必要があります。
外壁塗装には、主に二種類の工法があります。
ひとつはサンディング、もうひとつがモルタルという工法になります。
このような工法の違いによって、塗り替えリフォームの周期や規模が大きく変わってきます。
このことから、外壁塗装の塗り替えリフォームを行なう際は、まず今の塗装がどの種類なのかということを把握しておくことが必要です。

サンディングとモルタルについて、どのような違いがあるのかということを説明しましょう。
まずサンディングですが、この工法では塗装版を使用します。元々デザイン通りに塗装された板があり、その板を外壁に貼り付けることが、このサンディングです。
モルタルの場合はサンディングの様に塗装板を使用することはありません。モルタルの場合は、現場でそのまま壁に塗装を行ないます。
このように、サンディングとモルタルの大きな違いは、現場で壁の塗装を行なうか行わないのかということです。
サンディングは基本的に板上の塗装を塗り替えるのですが、ボード自体が劣化している場合は、それごと取り替える必要があります。